食後の至福の表情を愛する patissiereの日常
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Alison's Brownie
ふいに、あっ、あの人のあれが食べたいと、思うことありません?
一度食べたら忘れられないその人の顔が思い浮かぶ一品
今日は、Alisonのブラウウニー
4月にBlossom partyを一緒に準備したAlison
一見ふんわりした空気の彼女の丁寧な完璧主義がしっかりでてる味

candelaria (マレにある本場のタコスが食べられる店)ではAlisonのブラウニーが食べられる
豆も使ったスパイスの利いた彼女の菓子は舌に焼き付く味 
誰かもblogに書いていた...
http://sweatshopparis.blogspot.com/2011/04/chocolate-heaven.html

飾りてたてるのではなくてしっかり美味しいもの すき

そんな彼女はほかの店で働きながら、Laurenとイベントのオーガナイズもする
数日前、私もお手伝い
作るだけでなく、他の料理人、菓子職人、サービススタッフと楽しませてもらいました
ここにも彼女の色がよくでてる


patisserie& cuisine comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://iiimiki.jugem.jp/trackback/78
<< NEW | TOP | OLD>>