食後の至福の表情を愛する patissiereの日常
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Stollen 2010
Stollen

今年もこの時期がやってきた
parisにもどって2度目の冬

こっちでの準備は日本にいる時よりはやめに、材料を仕入れるのにも、倍時間がかかるから......G.DETOUT(いつも菓子を作るときには役立つ食材屋さん)と画材屋さんへまずいって....去年よりはやめに注文したけどやっぱり
受け取りまで2ヶ月まった.....
レザンがラムをしっかり吸い込んで
市場でオレンジをみつけたら さぁ、はじめ

オレンジの皮は3週間くらい少しずつ糖度を上げてじっくり
バターは去年と同じ、フロマージュ屋のおじさんにパニエで頼んでおいて
はい、具はそろった
このこがフル回転してくれるおかげで筋肉痛にはならずにすむ...ありがとう
生地がざっと混ざったら
つけ込んだフルーツを
混ぜ込む..まぜこむ
分割して
その間にpâte d'amandeをまるめて
まるめて
休ませた生地の真ん中に
ここまで来たらうちを出ます....うちには大きなおオーブンがないのです
今年もお世話になったのはSaoriちゃんのうち
去年は夜通し焼いたけど、このひは夜御飯もたべれるじかんで終わってよかった
ほんとにありがとう

メルシーも匂うからきになる?
オーブンから出てきたら
まずはラムをたっぷり
澄ましバターをくぐらせて
しっかりヴァニラの香りが着いた砂糖をまぶして
一晩しっかりさめた頃
粉糖でさいごの化粧

よし、またうちへ戻ります 運搬用のワインの木箱は職場の子がくれた、ちょうどの入れ物
作業台はsaoriちゃんのパートナーMartyがよういしてくれた...みんなに感謝
もちろんメトロはむりむり....Taxi!!
あとはうちでの内職待ち 
できたぁ.......
作っていると色んな人の顔が浮かんで 時間も忘れる
無事に届きますように
さっそくparisにいる友達にも
もうすこしでNoëlがやってくる

patisserie& cuisine comments(6) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








はじめまして。
いつも楽しみに拝見しています。
コメントするのは初めてです。
大量のStollenの仕込をお家でされるとは!?
しかも日本に送っていらっしゃるのですね。感心します。
包装も素敵で、頂いた方の嬉しそうなお顔が目に浮かぶようです。
from. Mayumi | 2010/12/11 16:39 |
わわわわわ〜。
何だか、涙が出てきちゃったよ。
一部、作る過程を見ていてどういうものなのか少しは知っているのに、何だか感動しちゃった。

今年は我慢をしていて、まだ、食べはじめてないの。だって、開けると美味しすぎて次から次とスライスして、食べて、スライスして、食べて...ですぐに食べきっちゃうんだもん。

来年もみきちゃんがうちでシュトレンを焼く光景を見れたら嬉しいわー。
from. さおり | 2010/12/13 23:05 |
Mayumiさん、はじめまして

ありがとうございます。
いつも見ていてくださっているんですね、ほぼ食べ物と旅行のことですが.... 笑
まいとし、ほんとにStollenを作ると年のせをかんじます
誰かを思いつつ作れるのは幸せですね
Maymiさんも良い年末を過ごされますように!
またお時間あるときのぞいてください。
from. miki | 2010/12/14 06:24 |
Saoriちゃん、

涙なんて....ありがと
来年はほんと、どこでつくっているんだろ
まだまだ 分からないけど、きっとまたあなたの口には届くはず:)
またさおりちゃんのいえかなぁ

parisの第2の台所のように使わせてもらっているね 笑
from. miki | 2010/12/14 06:28 |
はじめてコメントします。
美味しそうなシュトーレンにひとめぼれしました。
mikiさんの美しい作成行程もなんだかとても素敵♡
シュトーレンが大好きなので、もし注文ができるなら
ぜひお取り寄せがしたいです!
今年が無理なら来年にでもぜひぜひお願いいたします。
from. マフィン | 2010/12/18 21:58 |
マフィンさん こんにちは

ひとめぼれ、なんて嬉しい....。ありがとうございます
今年の分はもうすべて私のもとから飛び立って行ったので、また来年。ぜひおとどけします!

miki
from. miki | 2010/12/20 05:13 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://iiimiki.jugem.jp/trackback/64
<< NEW | TOP | OLD>>