食後の至福の表情を愛する patissiereの日常
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Martyのエキスポと和食の夜
 Saoriちゃんのパートナーであって、友人のMaurice Martyのエキスポジションへ
彼は彫刻、絵画、建築、ビジュー、と何でもこなしてしまう スーパー75歳、

湧き出るようにでてくるあたらしいアイデアと、頭の回転にはいつも驚かされっぱなし
今回は100周年を迎えるHotel Lutetiaでの展示。椅子、絵画、ビジュー

つい先日行われたベルニサージュには残念ながら参加出来ず 日を改めての訪問

ホテルの前でSaoriちゃんをまっていると Lutetiaのchef Philippe とMartyの友達にばったり
近くのcafeで一杯飲んでから Martyの展示を見にHotelへ
作品の横に置かれた彼の友人からのユーモアたっぷりな紹介
RecetteレシピにPrenez une jolliedame 可愛い女の子を一人なんてMartyらしい:)
          

やっぱり左岸はアーティストが多く集まるのか、
ホテルに滞在中の彫刻家Philippe Hiquily氏も登場、Martyのお陰でHiquily氏の作品の集まる部屋も見せてもらったり、普通にはあり得ないような出逢いのあった日。その日の流れで翌日はMartyの家へみんなを招待することになり、私も参加することに
朝からみんなと市場に買い物にいって、さっくり和食の準備

Saoriちゃんと支度開始です

ちらし寿司ように、錦糸卵を作ろうと卵を割ると続けて5個の双子!!!!
茶柱なみに驚いた........
そして
そのほか、鯵のたたき、あげなすと豆腐のサラダ、豆もやしの和え物、切り干し大根の煮物、豚肉の生姜焼きに、寒天とよもぎ白玉の黒蜜がけ
写真はうっかり撮り忘れたけれど、私も久々の和食、嬉しかった

chef Philippeはとびきりのワインやシャンパンを持ってきてくれて
Martyもアーティスト同士の会話も弾んだ様子
食べ終わった頃には 色々あった一日で脱力で、携帯電話も置いてかえってしまうくらい...笑

翌日MartyとSaoriちゃんからさらに
Ladureeのマカロンまでいただいてしまいました
スペシャルな箱入り ありがとう


満腹です
amis comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








みきちゃーん。
みきちゃんがゆっくり出来る休暇の日なのに、あっちこっちに引っ張り回しちゃってごめんねー。だけど、すっごく楽しかったです☆

みきちゃんのちらし寿司、最高だったよー。中の具の味付け具合が絶妙だったわ。再挑戦したいです☆

あげ茄子とお豆腐のサラダも最高だったなー。はー。みきちゃんのお料理の腕前には毎回、びっくりだよ。本当にありがとう♪

ラデュレの箱、すっごく可愛かったね。
from. さおり | 2010/05/06 04:56 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://iiimiki.jugem.jp/trackback/31
<< NEW | TOP | OLD>>