食後の至福の表情を愛する patissiereの日常
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Bretagne cancale女旅
ひさしぶりにparisをでる
美味しいもの好きな友達と、食べることのしかきめずにの気ままな小旅行

TGVで3時間揺られればSAINT MALOに到着
そこでガレットをまず食べてから目的地のCancaleへ
漁港があって、教会を囲んだ小さな街だけれども
美味しいものの匂いがするまち 

夏の時期よりぐっと訪れる人は少ないにも関わらず、エピスの魔術師と言われるOlivier Roellingerのレストランは今回は予約いっぱいで行けなかったので
さっそく彼のエピスリーに
ヴァニラビーンズで8種類もある! 
胡椒も10種類以上!挽く前でも香りもまったくちがって、どんな料理にあわせたら良いのか想像するのも楽しい
プジョーと彼のオリジナルの胡椒挽きを見つけて沙織ちゃんと一緒にこうふん
きっと珈琲好きにもたまらない...

海の目の前の宿、真下のBREIZH CAFEでガレットをつまみに蕎麦のビールを吞んだら
さて!本日のメイン海の幸!
お店の名前にもなっているormeau”あわび” フランスでは生では食べないみたい....
そして本日何度目の?乾杯〜 w
何気なく頼んだワインもすごく美味しく
メインのPlateau de fruits de mer!!!!
早く着いたお陰で貸し切り状態のため、きのよい主人がほら椅子にのぼって上から撮っていいよって w
牡蠣だけで4種類!全部味は違う てっぺんのはPied de cheval”馬の足”とよばれるだけあっておおき〜な牡蠣 5人で4人前だけどすごい量!

この夜は幸せの中夢の中へ.......
翌日は誰よりもはやく目が覚め、洗った髪も乾かぬまま首にタオルで長靴、おやじのようなかっこで 日の出を見ようと海にでる
わ.....寒さも忘れて言葉を失う景色が広がる
手前は牡蠣の養殖所
朝は潮が引いて牡蠣も顔を出す
運の良いことに日曜は朝市!
海の幸ばかり頭にあったら 思わぬものに目が釘付け
横の人の顔の大きさを見ればわかるけれどすごく大きくてみの詰まった立派なカリフラワーに
下仁田葱のようにふといポロネギ!思わず
"2つずつ下さい!!!!!!” 
それも3€で....ずっしりと幸せな重さの鞄をかかえて 散歩を続けると
匂いにつられてpatisserieにたどり着く
日曜の午前はお菓子を求める人がひっきりなしに訪れる
きっとこの街一番のお菓子やなんだろうな、とウインドーを見ると
こんがり焼けたブリオッシュにリンゴを包んだ焼き菓子、奥では見えるところでミルフィーユの表面に焼きを入れてる
店の中でも食べれるようになっていたので、朝食を食べてまもないけれどひと休憩
お茶だけにしようかと思っていたのに思わず頼んだブリオッシュ
あたため直していないのに周りは香ばしくて中はしっとりして言うことない!
買って帰ろう!とおもったときにはもう売り切れ.....残念。
でもpomméという生のリンゴを一緒に焼きこんでほんのりキャラメリゼしたお菓子とBORDIERのcrème fraîcheを購入。
parisにもどって翌日あたためて食べたらほっぺたが落ちる美味しさ!
知らずに入ったけれど、ここもOlivier Roellingerのお店!やはり次回はもう一度、彼のレストランにくるためにcancaleへ来ようと心に決める。

お昼まで腹ごなしにと海沿いを散歩しているとだんだん潮が満ちてきて陸に上がっていた船も水面に浮かび出していた

そしてやはり牡蠣を売る露店が気になりアペリティフにと、めのまえでなれた手つきのおばちゃんにあけてもらう
食べ終わったら殻は海に捨ててねって、だから浜辺は牡蠣のからだらけだったのか!と納得 笑
最後は隣のレストランのムールフリットにも後髪を引かれつつもガレットで〆
あっというまの2日小旅行、たのしかったなぁ
次はいつまた来よう?
美味しいきままな旅はさいこう










voyage〜旅 comments(1) trackbacks(0)
Amsterdam
 karinを訪ね久々のオランダ
 
前日の仕事後の一杯がたたり、朝起きたら電車の時間はすぎていた...
でもそれでも3時間もあれば着いてしまうのです!気を取り直し次の列車にすべりこみ一路アムステルダムへ

久しぶりに逢える友人と忙しく観光するより街をのんびり
船にも住所はあるって、さすが運河の街
にを引き上げる為にとほとんどの建物についていたよく見ると建物自体も前傾していたり...
そして勿論自転車の街 パスタじゃありません
食べ物はオランダの料理と言えば素朴でこれもまたよい

スープに
にしんの酢漬け。
でも色んなcafeもほうふ
少し中心から離れたオーストラリア人が営むデリのキャロットケーキ、サンドイッチもわすれがたく
アルバートスカイプの市場からほど近いこの店も買ってすぐ軒先のテラスでのんびり出来て
途中雨にもふられたけれど....
2人乗りで街を駆け抜けてくれたkarin ありがと
個性的なウィンドーがよく目についた
花の街でもある、花瓶をみつつmaggieをおもう

デザインも華美でなく、どこかほっとする物が多い ここは友人おきにいりの作家さんの店
晴れと雨を繰り返しのショートトリップ
またね Karin!!




voyage〜旅 comments(1) trackbacks(0)
海へ
夏はどこへ?
先週、ノルマンディーに連れて行ってもらいました
parisをでるのは久しぶり、海にいきたい!その一言でsaoriちゃんとmartyにDeauvilleまで
青空色の車で

3時間晴れと雨を繰り返してDeauvilleへ
街に着くと同時に太陽がでてきた
でもさすがに肌寒くて 水着の出番はなしだけど気持いい風

服は着るように....
夜は街一番のbistro Miocque
martyは隣の人ともすぐ打ち解けてテーブルにささっとデッサン
ムールフリットもノルマンディーのクリーム
美味しかった......
翌朝もくるまに栄える青空
泊まったpont-l'evequeからmartyの友人宅までドライブ

広い庭の裏には馬がのびのび
街では朝市 古いノルマンディーの衣装に、現地でとれたもの作ったもの!!!
できたてから3年6年、12年....少しずつ変化してく 試飲させてもらいましたよ
蜂蜜も農家から
その蜂蜜をつかったpain d'épiceも
ここで食材を仕入れてあとで海で食べよう!
帰りの車ではmerciもぐっすり
久々のparis脱出
記憶に残るDeauvilleをありがと
voyage〜旅 comments(2) trackbacks(0)
Napoli
10月に旅をした
Romeより南は初のNapoli

とてもフットワークの軽い東京の友人は3日間のNapoliの為に日本から飛んできてくれて、現地集合の小旅行 旅慣れた彼女は今日も仕事でイタリアにまたやってきている

きっとparisからの私より頻繁ではなかろうか....?

気のむくままあるいて美味しいもの食べて、目がとまるばしょでシャッターを切る
多少のことはどうでもいい
そんな旅が人とできるのは嬉しいこと

ただ、今回は旅にトラブルはつきもの、とはいえ 
飛行機をストライキや爆弾騒ぎで2度のがし 翌日ようやく飛べるもRomeでおり、電車でのNapoliいり。3日間のはず旅行が約1日の滞在に....
でもそんな1日は濃かった

2度目の飛行機にのれず、切ないorly空港の夕焼け....

19hNapoli到着 もうすっかり夜細い路地を覗きたくなる街
頭の中は、Pizza caffe ...はためく洗濯物に、碧い海....さぁどれからか
あとは言葉より...
マルゲリータ発祥のBRANDI
他でも食べたけど生地が忘れられずに美味
こんな顔されたら力抜けますって
ナポリ菓子と言えばスフォリアテッレにババ
なんでparisではこんなcafeないんだろ
帰り道路地裏の厨房、ちょっと覗けば..

おはよう ちょっと早起きして
船でカプリ島へ
目の前は数年前に噴火活動もあるベスピオ火山
目的は青の洞窟(グロッタアズーラ)
が......その日は高潮で洞窟に入れない、と丁寧に日本語でもかかれていて ショック
でも島の周りを廻ることに
本当に碧い あおい海 入れなかったけど、この碧が光がさした洞窟 想像出来る

ソレントに渡り、またもpizzaを食し
3両だけの海沿い列車でナポリまで

雑多なみちに相反するようなDuomo.....
途中道案内してくれたナポリ親父曰く

このゴミの溢れるような道端と、息をのむほど美しいものが同居した世界にひとつの街

ということ。
なるほど

Napoli

もしまた機会があったら、今度はのんびりしてみたい



voyage〜旅 comments(6) trackbacks(0)
Normandie Bernay~ Cean~ Lisieux
大好きな家族が引越をした
両親の家からもparisからも真ん中NormandieのBernayへ
家を探してるとは聞いていたけれど、決めてからは早かった!
引っ越して早々、あいにいくことに
parisから電車で1h21で一眠りしたら、もう周りの景色はいっぺん
中途半端な郊外よりも、ずーっといい、古いノルマンディー式家が軒を連ねる愛らしい村
週末のマルシェもにぎやかなBernay 車で10分もたたないうちに到着。即決したのも納得な庭の広いキッチンの広暖炉のある絵に描いたような素敵な家、これはまた遊びにこなくては!
畑もBBQもできそう......

一杯コーヒーを飲んでからCeanへ、Antonyの両親に会うのも久しぶり
2人の結婚式のときにはウエディングケーキもここに作りにきた
かわらず満面の笑みで迎えてくれる みんなでBBQリラも可愛い....
庭で昼寝をしてのんびりしてから、夜は2人の友人の誕生日パーティーへ
移動の間の景色に馬、牛と夕焼け
今度はLisieux
屋内プールとサウナまである別荘で夜中まで.....
ゆっくり一眠りして朝までここに
田舎暮らしもいいな、またこよう

ありがとうMiyukiちゃん、Antony







voyage〜旅 comments(2) trackbacks(0)
Londres ~Kent
 新しく高速列車もとおり、ロンドンから30分以内
妹の住むケントまで

ロンドンもいいけれど、イギリスは田舎もいい
DSC_0014.JPGDSC_0024.JPG
maggieがロンドンで1番と言われる肉屋でお肉をゲットしてきてくれたので今夜は妹宅でBBQ!

はちきれそうだったお腹も リセット:)

chefは妹の旦那Dicky
DSC_0052.JPGDSC_0047.JPGDSC_0058.JPGDSC_0066.JPGDSC_0062.JPGDSC_0087.JPG
君も食べたそうだけどこれはあげないよ

本当によく食べて、ベットに着く前にソファーで動けなくなりました.......

でも翌日は朝おきますよ
6月にしてはあり得ない寒さの朝車でカーブーツ.セール
普段は牧場?の場所に車でそれぞれ店を広げるマーケット
あまりに寒すぎて写真もろくに撮れず、私はあったかベスト、友人はもこもこブーツを1ポンドでまず仕入れる......
DSC_0102.JPGDSC_0100.JPG

1ポンド!が目白押し、しばらく散策したあと、解凍するべく家へ戻り、みんなで朝食DSC_0110.JPG
そして、苺狩りへ出発〜

途中の景色を楽しみながらDSC_0127.JPGDSC_0126.JPGDSC_0128.JPGDSC_0129.JPG
これぞまさしく森ガール?
DSC_0139.JPGDSC_0142.JPG
DSC_0116.JPG
火事?!!!!

苺畑へ到着
DSC_0147.JPG
DSC_0158.JPGDSC_0161.JPGDSC_0166.JPG
6種類もの苺、味は全く違うから摘みながら味見
DSC_0174.JPGDSC_0183.JPG
DSC_0187.JPGDSC_0192.JPGDSC_0195.JPG

いっぱいとれて一休み
古い町並みが残る小さな村へ
DSC_0207.JPGDSC_0250.JPGDSC_0228.JPGDSC_0241.JPGDSC_0247.JPGDSC_0244.JPGDSC_0226.JPG
やっぱり食べたいクロテッドクリームとスコーンでティータイム
隣の本屋で友達は素敵な本を見つける
DSC_0228.JPGDSC_0236.JPG


家に戻る前
Dickyが最後にちょっとより路してくれました
DSC_0257.JPG
ラベンダー畑 匂いも一面に広がる

楽しい時間はあっという間
DSC_0271.JPG
再び高速列車でロンドンへ戻り(この列車日立製!)
DSC_0273.JPG
DSC_0282.JPG
最終eurostar
車内眠り続けて24時parisへ到着




voyage〜旅 comments(2) trackbacks(0)
Londres 2 Market~散歩
 賑わうmarketは体のそこからげんきになる

DSC_1074.JPGDSC_1077.JPGDSC_1072.JPG
ボローマーケット

一回りして、さらに友人おすすめのキャロットケーキを目指してブロードウェイマーケットに向かう駅からは30分くらいはなれた場所、DSC_1093.JPG
たまに見かける靴とメッセージ....いったいなんのいみが?
DSC_1094.JPGDSC_1106.JPGDSC_1110.JPG
静かな町並みを抜けるとマーケットにとうちゃく
DSC_1118.JPGDSC_1119.JPG
イギリスはまたパリとは違って可愛いの豊富
DSC_1135.JPG
絵になる人も多し
DSC_1124.JPGDSC_1133.JPG
到着したcafeでまた一休み cafe Suedoisのより、スパイスが利いていてどっしりした味

voyage〜旅 comments(0) trackbacks(0)
Londres 1 Monmouth coffe
逢いたい人、行きたい場所が重なってしばらくぶりのイギリス

妹夫婦におっきな鉄鍋を届けに

日本へ帰国した大切なparisの友人がやってきている

3っ星レストランDorchestarの厨房見学

鎌倉のcafe Dimancheのマスターとのやり取りで久々に行きたくなったMonmouth Coffe

これだけあったら、2日間の滞在はあっという間!
海を越えてもparisから2時間ちょっと
朝一に出発して、翌日は最終のeurostar 

眠い目のまま到着したLondresで最初にいったのは
Monmouth Coffee Company
DSC_0986.JPG
ロンドンブリッジのたもと 賑わうボローマーケットの中 香りに誘われて朝から長蛇の列...もちろんまちます 
DSC_0987.JPGDSC_0990.JPGDSC_1011.JPGDSC_1028.JPGDSC_1018.JPGDSC_1014.JPGDSC_1002.JPG
毎日来てるって言っていたおじいちゃん
DSC_1021.JPGDSC_1015.JPGDSC_1041.JPG
さほど大きくない店内、活気があって抜けた空気のなかマシーンで、ドリップで次々珈琲がおとされていく parisには美味しいcafeが少ない.... 隣国イタリアはあんなに美味しいのに....
Londresにはすくなくともここがある

ほんとに美味しい:)
隅っこの席でおかわり

豆もつれて帰ります!
DSC_0999.JPGDSC_1056.JPGDSC_1057.JPGDSC_1052.JPG

マシーンで?ドリップで?ミルクと一緒?甘みのあるの、酸味が強めどんなのがいい?
きっと有に15分以上話して3種類をえらんだ

スタッフも楽しそうに働いてる

いい空気





voyage〜旅 comments(0) trackbacks(0)
Prague 1
待ち合わせはプラハ中央駅3FのCaféでね
日本にいる旅慣れた友人と現地集合 どうやら彼女はベルリン映画祭によってから電車でやってくるみたい 3時間くらい?チェコとドイツも近い

ずっといきたかったこの街。
東京にいたとき一緒に働いたゆきえちゃん
彼女にとってもここは特別だったはず いま帰らぬ彼女に、色んな思い入れがあっただけにやっと訪れることができて 思いもひとしお

parisよりも格段に寒いか?と靴の敷き皮も一枚入れて降り立ったプラハは−5℃。それほどでもなくほっとする

でも全く分からないチェコ語........フランス語は通じない
空港からバスとメトロを乗り継いで1時間、プラハ中央駅
わりと近代的な駅のどこにあのドーム状のcaféがあるのか?細い階段と分かりにくい看板をようやく見つけ、登っていくと......あった!

行き交う人が多い駅なのにここは人もまばら 友人は先に着いていた


街中をメインに走るのはトラム
バイクも自転車もほとんどみない、そして...結構なりょうの車とトラムと人が往来しているのに、驚くほど信号がない

フランス人やイタリア人の運転だったらあり得ない!
トラムの間を縫って人は歩いてる



ホテルまで歩くと、街は意外と歩いてまわれそう
分厚い雲に覆われて一面灰色の景色
それでも上を見上げながら歩き回りたくなる景色が続いてる

ヴァルタヴァ川にかかるカレル橋 
橋を丈夫に作る為にモルタルに卵白を入れたと言う話を読んだ
ボヘミア中から卵が運ばれるなか、ある村は卵が割れるのを恐れゆで卵にして運びプラハ中の笑い者になったらしい....ほんと?
そんなお陰もあってか600年を経過しても未だ健在

橋の両脇には30体の聖人の像

日も暮れてくると浮き上がってくるプラハ城
歩けば教会にあたるほど数が多い
初日はのんびりまず.....
ビール

プラハでいちばん古いビアホール
1499年からのウ.フレクーへ。

注文を聞かれる前に、テーブルに度数の高い自家醸造の黒ビールが置かれる

思わず写真を撮るのも忘れて 吞んでしまったけれど美味しい....

料理はドイツやウィーンと似ている凄いボリューム
キャベツのサラダがいい箸休め

デザートまでは....無理

コーヒーを飲んで即寝です

あっ、そろそろチェコも€に切り替わるようだけど、まだいまはチェココロナ

その2へ

voyage〜旅 comments(3) trackbacks(0)
Strasbourg Marche' de Noel
parisからTGVで2時間半でドイツ国境近くAlsace地方StrasbourgとColmarへ

Marché de NoëlもStollenもここが本場、 ティザンヌを求めに、というのもあったけど、他にもいきたい訳は山ほど。朝7時前にgare de l'estより出発すると、ちょうど朝もやがかる車窓。前日寝ていなかった所為もあって一眠りするとすぐに到着。

まず目に入ってくるのはクグロフ
前に来た時も色んなところを食べたけど、Thierry MULHAUPTのはしっかりしてて、RISSのは本当に素朴だけど安くておいしかった!
他にもChristien、etc...活躍しているPatissierにアルザス出身が多いのも納得、ショーウィンドーにはたくさんの伝統菓子が並んでる。



少し街から外れてparc de l'orangerieのなか、目の前に池があって小さな動物園もある本当に静かな公園ん真ん中にアルザスらの昔からの建物を移築して造られたレストランBuerehiesel.
ここは今のchefの前の職場で、この時期満席なレストランを裏から見学させてもらいました。つい最近まで3つ星だったところ。息子に代が替わってから星を返却して今は使う食材はそのままに価格を抑えて本当にいい食材で作ってる

食材は本当に新鮮。肉はすべて一頭丸ごとやってくる、かかっているタグはそれぞれにはまっていた物、猪、鹿......
忙しいのに冷蔵庫の中からサロンまで全部説明してくれたchef、本当に今度はここに食べにStrasbourg来ます!

街へ戻りマルシェドノエル。まずは大聖堂近くで、ドイツからやってきているティザンヌやのおじさんを見つける!残念ながら探していた子はいない.....けど10種類ほどつれてかえる事に。
その後は、Alsaceのミュージアムでゆっくりしていたら、あっという間に日が暮れる...凄くいい天気、空は真っ青、街の様子もがらっと変わる
Marche Bredle Bledleはアルザス伝統。たくさんの種類の小さな焼き菓子、スパイスが効いた物が多い


夜は甘い物ばかりだった一日に、この町に住む友人おすすめのレストランを教えてもらい予約restaurant Corbeau(からす)絶えず周りのおじいちゃん達に話しかけられ退屈する事なく...シュークルート、もの凄いボリューム!でも美味しかった。

翌日は早起きをして電車で30分Colmarへ
Strasbourgよりもコンパクトで昔の町並みが残る街

これをたどるといろんな展示や市場にたどり着ける
フェルベールさんのコンフィチュールも山積み
去年からColmarにもできたルレセデールのお店GILGもたまたま発見


日が暮れかけてきたからそろそろ帰ろう
帰りの車窓からは冬のワイン畑が広がってる
voyage〜旅 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |